M1グランプリ2017 和牛の漫才・ネタを文字起こししてみた

2017年M1グランプリ決勝1本目のネタ「ウエディングプランナー」を文字起こししてみました。

ウエディングプランナーくだり

川西「どうも、えー和牛といいます。よろしくお願いいたします」
水田「あのね、僕ねテレビ見て思ったんです ウエディングプランナーさんてすごい素敵な仕事だなって」

川西「ウエディングプランナーまぁ言うたら結婚式にいろんな提案をしてご夫婦に一生の思い出を作るって言う仕事ですよね」
水田「はじめまして、僕が担当のウエディングプランナーです えーと新婦のみゆき様ですね」

川西「みゆき・・・」
水田「新郎様が忙しくて来れないみたいですね」

川西「・・・」

川西「仕事ばっかしてるんです〜」
水田「うぅ〜んわかりますよ」

川西「だから一人で来ました」
水田「安心してください男性の意見も提案させていただきます」

川西「頼もしいです」
水田「こう言う時のためにうちはプランナーが全員男性ですから」

川西「全員男性なんですね」
水田「ですから式場の名前も俺の式場って言います」

川西「俺の式場ていうの?ここ」
水田「書いてましたよローマ字で」

川西「すごいな知らなかったです〜」
水田「では早速入場の演出から決めていきましょうか」

川西「入場の演出ね」
水田「まずウチでやってるのはあのゴンドラの上から降りてくるパターンですね」

川西「素敵ですよねこうやって降りてくるやつ〜」
水田「あとは床が開いて下からせり上がりで上がってくるパターンです」

川西「せり上がりですか〜ちょっと恥ずかしいかなぁ 新郎新婦入場!言うたらなんかこうデュオみたいな感じでなんかこう出てくるんでしょ ちょっと嫌かなこれは〜」
水田「うーんまぁゆっくり上がってくるのが恥ずかしいのであれば、パァーン!て上がってパーって」

川西「いやアイドルのコンサートじゃないんですよ」
水田「喜ばれると思いますけどね」

川西「怖いんで、扉から入ります〜」
水田「わかりました あと入場の際の曲なんですけども」

川西「曲ね!安室ちゃんが大好きなんで安室奈美恵のCAN YOU CELEBRATE?で」
水田「それだと、歌なしのバージョンしか無いので歌っていただいてよろしいですか」

川西「なんでカラオケ音源しかないねん」
水田「すみません」

川西「定番も定番やろ」
水田「ちょっと借りに行かないとないですねそれ」

川西「借りに行くねん TSUTAYAでも行って借りてこい」
水田「うーんじゃ近所の音楽巾着で借りたやつでも大丈夫ですか」

川西「なんやその店は」
水田「あの おばちゃんがCDを巾着に入れて渡してくれる」

川西「うーんそこでええ そこでええ ほんならもう」
水田「1番近いんです」

川西「こだわりはないからもう行って」
水田「あとキャンドルサービスなんすけど ひとつずつテーブル回るのってやっぱキツイじゃないですか」

川西「キツイとか言ったらあかんと思うけど」
水田「ですからウチのは回らなくていいようにあの持つとこ回してもらったら伸びるようになってますから」

川西「うーんなにそれなにそれなにそれ」
水田「これで全部のテーブルを全部すべて網羅できますから」
川西「なによその便利グッズみたいなやつ」

川西「いやいやそんなふざけたやついらないんです もっと他に演出ないの?」
水田「ま 他であれば新郎新婦様の合図と同時に えまぁその 全テーブルのアンドルが一斉に点火すると言うのもありますね」

川西「めっちゃいいのありますやんかそれ」
水田「これ人気ですね はーい」

川西「え 私らの合図で一斉に点火すの 素敵やんか〜それにします私それにします」
水田「もうわかりました」

川西「なにが嫌やねん」
水田「書いてます 書いてますんで」

川西「なにが気に入らんねん お?」
水田「あとですね 新婦様からご両親へのお手紙なんですけど」

川西「手紙ね」
水田「こちらご両親に思入れがないようでしたら特に読まなくても大丈夫です」

川西「あるわぁ〜」
水田「あ ありますか」

川西「読むわぁ〜」
水田「きっと素敵なご両親なんですね」

川西「当たり前やろ」
水田「それでしたらおすすめの演出でジョブズスタイルというのがあります」

川西「ジョブズスタイル?なによそれ」
水田「こちらあのスティーブ・ジョブズの新作発表の時みたいに呼んでもらいます」

川西「なんの意味があんねんそんなことして〜」
水田「ご両親にこう世界に伝えるぐらいこう」

川西「こんなことせんやろそれメガネカタカタカタなっとるやん」
水田「ああの〜手紙の内容はiPadに入力さしてもらいます」

川西「誰がデータで呼んでまうのよ 手書きで書くからいいんでしょ」
水田「わかりました」

川西「普通に読みますもう〜」
水田「じゃこちらで当日やらしてもらいますんで」

川西「お願いしますよほんま」

結婚式くだり

水田「そろそろ始まるなみゆき」
川西「ほんまやね」

水田「ごめんな打ち合わせなかなか参加できんくて」
川西「ううん あなたが仕事頑張ってくれるからこうやって結婚式できるわけやし」

水田「幸せにするよ」
川西「ありがとう」

水田「それにしてもせり上がりなんて初めてだから緊張するなぁ」
川西「せり上がりになってるんこれ」

水田「なぁこんな薄暗いなぁ蓋が開くのなぁ」
川西「違うよ 私扉から入るって言ったもんスタッフさん私扉から入りますよ」

水田「嫁に渡したらいいんですか えお前このマイクで歌うの?」
川西「え 歌えへんやん私 借りに行くって言ってたやんCD借りに」

水田「ウィーーーン」
川西「Can you celebrate?
Can you kiss me tonight? なんで音楽巾着行ってへんねん」

水田「ほら キャンドルサービスいこ」
川西「え」

水田「回したら伸びるんですか」
川西「いらんねんいらんねんこの伸びるやつも 私いらんて言うたよね あんたも伸ばさんでええねんて ちょっと待って全部注文が違うわ 私の言う通りになってない もうちゃんとやってんかー」

水田「うわ、全部のテーブルのキャンドルに火ぃついたよ」
川西「ちゃんとやってんかーの”てんか”で点火すなよ」

水田「えなんでなんですごい」
川西「そう言う意味違うやんか 変なタイミンでついたから違う私が言ったんとは」

水田「このタイミング手紙読んでくれって」
川西「えー?」

水田「泣きそうやからちょうどええって」
川西「どんな理由で読ましよんねん そういう涙と違うわ」

水田「このメガネとiPad嫁に渡したらええんですか」
川西「ジョブズスタイルも準備してんねやろ」

水田「なんか薄暗くなってきたよ」
川西「やらへんて言ってんねん」

水田「頑張ってねみゆき」
川西「やらへん」

水田「もうスポットライト当たってきたよ」
川西「もうええけどやったるわ お父さんお母さん 私はあなたたちの子供に生まれることができて本当によかったこの思い届いてますか 一緒に過ごしてきた時間の中で楽しいこと辛いことありましたその割合をグラフにしたものがこちらです お二人にもらった愛に対する感謝がデータで入ってるこれが本当の愛Pad いうたろかー」

川西「あのプランナーどこ行った、私の担当のプランナーどこ行った出てこい」
水田「パーン!お呼びでしょうか」

川西「床から飛び出してくな もうええわ」



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です