小池都知事・外出自粛の定義は?基準は?志村けんECMO(エクモ)治療とは?【news23】

3月26日(木)放送の「news23」に小池知事が出演し、25日に呼び掛けた「外出自粛」についてお話していました。

外出自粛の判断基準は?

今日、
「その用事をどうしてもしなければならないのか?」
「別の日に変えられないのか?」

上記の基準で「その日の外出」を見極めて自粛できるのであれば外出は避けた方が良いとのこと!

25日には、「このままの推移が続けば、ロックダウン(都市封鎖)を招く」として今週末は不要不急の外出を自粛し、平日は在宅勤務にすることなどを都民に要請していた小池都知事ですがこの呼び掛けは特に若者に向けているとのこと!

志村けんさんが受けたとされるECMO(エクモ)治療とは?

ECMO(エクモ)は低下した肺の機能を人工肺で補う装置!膜型人工肺のことらしいです! 血液を体外に循環させ、人工的に酸素と二酸化炭素のガス交換を行うようで、人工肺とポンプを用いた体外循環回路による治療を指すらしいです。

※医療従事者ではないので調べてわかったことをまとめていきます!

志村けんさんは「人工呼吸器に肺が耐えられず、人工心肺が必要になったのでは?」ということですが人工呼吸器と人工心肺の違いをまとめました。

人工呼吸器とは

人工呼吸器から患者さんの口元に陽圧のガスを送り、この圧力によって肺を膨らませる機械とのこと。

しかし、胸郭が広がっていないのに口からガスを押し込むという状況にもなりかねず、肺損傷や横隔膜の筋力低下などのリスクもつきまとうようです。そのため、人工呼吸器を使用する時間は、必要最小限にとどめる必要があるとのこと!

人工心肺とは

全身に酸素を含んだ血液を送り出すために心臓と肺のかわりが必要です。その補助手段が「人工心肺」。この「人工心肺」が動いている間は、全身に酸素化された血液が送り続けられるとのこと!

小池都知事・外出自粛の定義は?基準は?志村けんECMO治療とは?【news23】

世の中ではパンデミックだ!ロックダウンだ!オーバーシュートだ!と様々な言葉が飛び交っていますが、素人だと何が何だかわかりませんね。自分でも気になったものを調べてまとめてみましたが、わかるようでわからない…とりあえず今週末は不要不急の外出は避けた方が良さそうです!



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です