プールマスクマン!?泳いでもずれないプール用透明マスク

飛沫(ひまつ)感染を防ぐため、水泳スクールの指導者向けに開発された耐水マスクが名前も見た目も特徴的!ということで話題になっています!

プールマスクマン

  • 前方への飛沫を100%カット
  • 濡れても十分な呼吸ができる安心耐水構造
  • 表情が見える透明仕様
  • 5時間連続で装着しても痛みが発生しにくいソフトタッチ仕様
  • 洗って繰り返し使える長持ち仕様
  • ゆっくりであれば装着したままでも泳げる流線型構造

プールの水には殺菌効果の高い次亜塩素酸ナトリウムが入っていますが、口から口へ直接飛沫が入ってしまうことによる感染のリスクは他の運動施設と変わらず存在します。
水泳指導では生徒と指導者の顔の位置が並列で、顔と顔の距離が近くなるケースが避けられませんが、このマスクによって前方への飛沫を100%カットし、感染リスクを下げて指導できる環境が実現!

プールマスクマン|公式サイト

プールマスクマンの付け方

ゴム紐は耳の上下にくるように装着してください。
ゴーグルのように耳の上だけにかけるようにすると顎の前の空間が狭くなり、息苦しくなります。
また、プールマスクマンは肌にくっつきやすい素材で、ゴム紐を緩くしてもずれにくいため、長時間つけて指導する場合はゴム紐を緩めにすることをオススメ致します。

プールマスクマン仕様

マスク部分:PVC(コースロープカバーのような柔らかいビニール素材)1mmの極厚素材を使用することで激しい運動時でも形をキープします。柔らかい素材なのでふやけた手で激しくぶつかっても切れたりする心配はありません。
ヒモ部分:塩素に強い平ゴム
留め具:金属を使わない錆びない留め具
サイズ:フリーサイズ

こちらの記事も



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です