大原千鶴の冷やし炊き合わせ【おかずのクッキング】

9月12日(土)放送の「おかずのクッキング」は、土井善晴先生の「夏のちょっと辛いもん」と、大原千鶴先生の「見て作れるかんたん和食」。

そして大原千鶴先生の「冷やし炊き合わせ」は、高野豆腐に煮汁をたっぷりと含ませた、あっさりとした一品です。

大原千鶴の冷やし炊き合わせの材料(2人分)

  • 高野豆腐(3個)
  • ミニトマト(10個)
  • セロリ(1/2本)

煮汁の材料

  • だし汁(300ml)
  • 薄口醤油(大さじ1.5)
  • 砂糖(大さじ1)
  • みりん(大さじ1)

大原千鶴の冷やし炊き合わせの作り方

  1. 高野豆腐(3個)は水に浮かすように5分ほど水に漬け、芯まで戻ったらやさしく握って洗います。
  2. さらに高野豆腐を3回ほど水を替えて洗い、水気をしっかりと絞ったら4等分にカットします。
  3. 170℃のサラダ油で、高野豆腐を30秒ほど揚げ、油を切ります。
  4. お鍋にだし汁(300ml)、薄口醤油(大さじ1.5)、砂糖(大さじ1)、みりん(大さじ1)を入れて火にかけます。
  5. 煮立ったら高野豆腐を入れ、フタを少しずらしてのせて10〜15分ほど似ます。
  6. ミニトマト(10個)は皮に穴を開けながら加え、皮がはじけてきたら保存容器に取り出し、皮をむきます。
  7. 同じ容器に高野豆腐も取り出します。
  8. セロリ(1/2本)を入れてかるく煮ていきます。
  9. しんなりとしてきたら、煮汁ごと7の容器に入れ、冷まします。
  10. さらに冷蔵庫に入れ、しっかりと冷やしてから器に盛りつけます。
  11. お好みで青柚子の皮(少々)をすりおろして出来上がりです!

大原千鶴の冷やし炊き合わせまとめ

高野豆腐は水で戻した後に、水が白くにごるまでもむと、すっきりとした味わいになるそうです。

さらに高野豆腐は見た目がふっくらとしても、しっかりと10〜15分煮込むことでふんわりと仕上がります。

こちらもおすすめ!おかずのクッキングの人気レシピ

ほかにもおかずのクッキング 土井善晴先生のしめじパスタや天つゆの作り方、牛すじカレーのレシピなど人気のレシピはこちらで!



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です