土井善晴のハンバーグのレシピ【おかずのクッキング】

9月26日(土)放送の「おかずのクッキング」は、土井善晴先生が「ハンバーグ」のレシピを教えてくれました。

土井先生のハンバーグは、パン粉ではなく食パンを使うことでとてもふんわりやわらかに仕上がります。

土井善晴のハンバーグの材料(2〜3人分)

  • 合いびき肉(250g)
  • 玉ねぎ(200g)※みじん切りにします
  • 卵(小1個)
  • 食パン(6枚切りを1/2枚)
  • 牛乳(1/4カップ)
  • 塩(小さじ1/2)
  • ナツメグ(適量)
  • コショウ(適量)
  • サラダ油(大さじ2)

ハンバーグソースの材料

  • ケチャップ(1/3カップ)
  • ウスターソース(大さじ1)
  • 赤ワイン(大さじ1)
  • 練り辛子(小さじ1/2)

土井善晴のハンバーグの作り方

  1. 食パン(6枚切りを1/2枚)を手でちぎってボウルに入れ、そこに牛乳(1/4カップ)を入れてしばらく漬けます。
  2. フライパンを熱してサラダ油(大さじ1)を引き、玉ねぎみじん切り(200g)を入れてしんなりと色づいてくるまで強火で炒め、一旦取り出して冷まします。
  3. ボウルに合いびき肉(250g)、食パン、玉ねぎ、塩、コショウ、ナツメグを入れて軽く混ぜ合わせたら、3等分に分けます。
  4. 手にうすくサラダ油(適量)を塗り、肉だねを楕円形に成型します。
  5. フライパンを熱してサラダ油(大さじ1)を引き、肉だねを入れたら手で押さえて厚みを均一にし、中火で焼いていきます。
  6. 焼き色が付いたら返して弱火にし、フタをして極弱火で7〜8分ほど蒸し焼きにし、器に盛りつけます。
  7. フライパンの脂をキッチンペーパーなどで拭き取り、ケチャップ(1/3カップ)、ウスターソース(大さじ1)、赤ワイン(大さじ1)、練り辛子(小さじ1/2)を入れてひと煮立ちさせます。
  8. ソースができたら、ハンバーグにかけて出来上がりです!

土井善晴のハンバーグレシピまとめ

食パンを使うことでふんわりと、さらに極弱火で蒸し焼きにすることで中までしっかりと火が通り、ふっくりと膨らみます。

さらに練り辛子を少しいれることで、辛味のあるソースがハンバーグにピッタリです。

こちらもおすすめ!土井善晴先生の人気レシピ

ほかにも土井善晴先生のしめじパスタや天つゆの作り方、牛すじカレーのレシピなど人気のレシピはこちらで!



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です