アボカド食べ頃の見分け方とは?水分たっぷりズタノ・ベーコン・フェルテ【マツコの知らない世界】

11月17日(火)放送の「マツコの知らない世界」では国産アボカドの世界&ロケ地巡礼の世界ということで絶品アボカドと、人気ドラマのロケ地が紹介されていました!

関根さんおすすめ国産アボカド

ズタノ


果汁たっぷり水々しいアボカド!ズタノは食べごろになっても見た目は緑!

アボカドのお尻とヘタとは?

ちなみにアボカドのお尻側は油分が多く濃厚!ヘタの部分はさっぱりとした印象を受けるんだとか!

ベーコン

滑らかでミルキーな味わいのアボカド!油分と水分のバランスがよく果肉に繊維感を感じにくいアボカドとのこと!


こちらのアボカドにはポン酢が合うそうです!

フェルテ

油分たっぷり濃厚!バターにも負けず劣らずクリーミーなアボカド!


このアボカドにおすすめなのは焼肉のたれ!かけすぎずほんの少しだけ付けて食べると良いそうです!

食べごろのアボカドの見分け方

食べごろのアボカドはヘタと実の間に隙間ができるので、ヘタがグラグラするんだとか!

日本に流通しているアボカドは92%が海外産

現在日本に流通しているアボカドのほとんどが外国産(メキシコ)!ですが、日本でも国産アボカドが作られているようです!

新潟県新潟市にある「せきね農園」!アボカドあがおいしくなる地域は寒暖差が大きい地域とのこと!新潟は寒さが早くきますが、ビニールハウスであること、冷寒地特有の特大暖房が外気と相まって寒暖差を作り出すことができるんだそうです!

関根さんはビジュアル系バンドで活躍していたこともあり、アボカドの皮の「美しさ」を消費者の元へ届けたいと熱い思いを語っていました。

ちなみにアボカドは花1万個に対して1個の実しか付けないんだそうです・・・何だかこれもV系ぽい儚さですね。

日本で1番流通している海外産のアボカドはハス

ハスは皮が厚いことから、メキシコから日本までの航路を耐えられる品種ということで最も流通しているようです。




おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です