ホワイトデーのお返しにオシャレなお菓子を!職場女子がよろこぶスイーツ5選

職場女子へのホワイトデーのお返し、自分の社内での評判にもつながるので慎重に選びたいところですよね。

というわけで今回は、ホワイトデーに職場女子がよろこぶオシャレなお菓子を厳選してみました!

ホワイトデーのお返しに多いお菓子5選

まずはホワイトデーのお返しに多いお菓子を確認します。

チョコレート

ホワイトデー マシュマロ

まずはチョコレートです。

なぜホワイトデーにチョコレートのお返しが多いのかというと、そもそもバレンタインデーにチョコをもらっているので、そのお返しという意味でそのままチョコ、という短絡的なところでチョコを選ぶ男性が多いようです。

また、ホワイトデーのお返しには、そのお菓子によって意味があったりしますが「チョコには特に意味がない」ようなので、そういった点でも選びやすいというところがあります。

クッキー

ホワイトデー クッキー

チョコと双肩をなす代表的なお菓子、それがクッキーです。

チョコ以外、と言われればまず出てくるのがこのクッキーになるかと思います。

ちなみに意味は「友達」になるので、職場の女性へのお返しとしても広く使いやすいお菓子でもあります。

逆に本命の女性や、彼女へのお返しにはクッキーは避けた方がいいですね。

マカロン

ホワイトデー マカロン

ちょっとオシャレな感じのするマカロンも、ホワイトデーでは人気です。

マカロンのお返しの意味は「特別な人」で、ちょっと大切な人向けに特にピッタリです。

チョコやクッキーとも一線を画しているイメージもあり、意味も直球すぎず、非常に使い勝手がいいお菓子です。

キャンディ

キャンディー マカロン

ホワイトデーのお返しの代名詞でもある、キャンディ(飴)も一般的です。

ただしキャンディには「あなたが好き」という意味もあるので、ちょっと直球すぎて使いづらいところもあります。

まあ本当に好きなのであれば、さりげなくキャンディを選ぶという作戦はありますね。

マシュマロ

マシュマロ ホワイトデー

マシュマロもホワイトデーのお返し候補に挙がるお菓子のひとつですが、その意味は「あなたが嫌い」になります。

知らないでお返しに使ったことのある人も多いと思いますが、マシュマロだけはホワイトデーのお返しとしてはNGです。

そういう意味でのお返し、ということであれば止めません。

職場女子へのホワイトデーのお返しはマカロンorクッキー

以上により、職場女子へのお返しはマカロン、またはクッキーがおすすめです。

さらに、マカロンとクッキーのどちらを選ぶかは親密度によって変わってきます。

身近で仲が良い職場女子には「マカロン」

身近で仲が良い職場女子には「マカロン」がおすすめ!

意味も「特別な人」ということで、普段の感謝にも申し分ないですね。

また、年上の女性へのお返しにもいいですよね。

ただしマカロンも人気アイテムになるので、ちょっと特別感を出すには限定物などを選ぶのがオススメです。

関係性が浅い職場女子には「クッキー」

明らかにかるい感じでもらったバレンタインのお返しには、クッキーがおすすめです。

意味も「友達」なので、まさに義理チョコのお返しにピッタリとなります。まさに義理クッキーですね。

クッキーがきらい、という女性も少なく、日持ちもする点も使い勝手がいいです。

ただし義理クッキーといっても、クッキーがたくさん入ったものを分けるのは失礼なので、必ず個別に渡せるものにしましょう。お値段は500円くらいを狙えば、義理クッキーとしてはベストです。

ホワイトデーのお返しで選んではいけないもの

そして気を付けなければいけないのが、ホワイトデーのお返しとしては選んではいけないものの存在です。

ホワイトデー NG プレゼント

まずお菓子としてNGなのは、前述した「マシュマロ」です。

マシュマロには「あなたが嫌い」という意味があるので、絶対に選んではいけません。

また、これも比較的ホワイトデーのお返しに使われているようですが「ハンカチ」もNGです。

ハンカチには「別れ」の意味もあり、また女性としてもハンカチはもらって嬉しくないものランキングで上位に入っている低人気アイテムです。

男性視点としては、ハンカチは無難なアイテムのイメージがあるので注意しましょう。



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です