レインコートやカッパで洗濯機が壊れる?正しい洗濯方法とは

レインコート未分類

レインコートやカッパは雨の日に自転車に乗るときなどに便利ですが、けっこう夏場とかに着ることが多いので汗の汚れが気になったりしますよね。

外は雨で汚れ、内は汗で汚れるというわけで定期的に洗いたくなりますが、果たして洗濯機で洗えるのか?

レインコートやカッパで洗濯機が壊れるということを聞いたので、調べてみることにしました。

レインコートやカッパで洗濯機は壊れる可能性がある

結論としては、レインコートやカッパを洗濯機で洗うと本当に壊れてしまう可能性があるようです。

その理由としては、防水性の高いものを洗濯機で洗うと、洗濯機の排水口の部分を塞いでしまい、ガタガタと異音が発生したのち壊れてしまうことがあるというものでした。

つまり、レインコートやカッパはそのままでは洗濯機で洗うことができません。

まあしかし、理由が排水口の部分を塞いでしまうということなので対応策はあります。

洗濯ネットを使えば洗濯機で洗える

それが「洗濯ネットに入れて洗う」という手法です。

普通と言えば普通ですが、なるべく目の細かい洗濯ネットを使って洗えば、洗濯機で洗うことは可能です。

とりあえずレインコートやカッパを定期的に洗いたい、ということであれば洗濯ネットを使って洗濯してしまえばOKです。

ただし注意点があります。

洗剤で洗うと防水性能が落ちることがある

それが、洗剤を使って洗うことによってレインコートやカッパの防水性能が落ちてしまうことがある、という点です。

常にキレイな状態を保つことは大切ですが、それによって防水性能が落ちてしまうのであれば本末転倒です。

水を弾かないレインコートやカッパに、価値はないですからね。

なので本当は「ハンバーなどにかけてシャワーなどで水洗いをする」または「おしゃれ着洗いなどの洗剤を使ってやさしく手洗いをする」のが正解なのですが、それだと清潔性がイマイチだし、そもそも面倒くさいです。

ということで、防水性能が落ちることを防ぐ方法がありさえすれば、洗濯機で洗ってもいいですよね。

その方法がこちら!

ドライヤーなどで加熱することで防水性能を復活させる

レインコートやカッパの防水性能が落ちてきたと感じたときに、まず最初に試したいのが「ドライヤーなどで加熱」するという方法です。

レインコートやカッパに使われているフッ素加工は、熱を加えることで復活させることが可能です。

あまり熱くなりすぎないように注意をして、ドライヤーなどで加熱してみましょう。

ただし、レインコートやカッパの生地自体から防水性能が失われてしまった場合は、この方法では復活させることができません。

そんなときはこちら!

防水スプレーで防水性能を復活させる

市販の防水スプレーをレインコートやカッパに吹きかけることで、その性能を復活させることが可能です。

なんだったら洗濯をするたびに、防水スプレーを吹きかけて復活させてあげるくらいでちょうどいいのかもしれません。まちがいがないですからね。

レインコートやカッパの正しい洗濯方法まとめ

まず試したい正しい洗濯方法は「ハンガーなどにかけてシャワーなどで水洗い」です。

次に試したいのは「おしゃれ着洗いなどの洗剤を使ってやさしく手洗い」です。

そして最終手段の横着スタイルが「洗濯ネットに入れて洗濯機で洗う」で、その結果として「防水性が落ちてきたら、防水スプレーを吹きかける」となります。

なんだかんだで横着スタイルに落ち着くのかなと思います。やっぱり楽なのが一番ですからね。ぜひお試しあれ!!



おすすめの関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました