電脳コイルのメタバグとは?意味は?磯光雄作品|Netflix

映画

Netflixでも視聴可能となっている「電脳コイル」でたびたび登場する用語を調べてみました。

メタバグとは?

謎の電脳物質。空間のバグが固まったものと考えられている。大黒市でしか採取できないため、市の非公式な特産品となっている。ほとんどは役に立たないバグだが、音や映像などの情報が含まれていることもあるため、時々高い値がつくことがある。そのため子どもの間でだけ電脳アイテムを取引するための通貨となっている。単位は「~メタ」。現在の「~円」とほぼ同額。

バグとは?

機能の欠陥のことだそうです!「バグ」とは英語で「虫」の意であり、転じてコンピュータプログラムの誤りや欠陥を表すそうですよ〜

バグとエラーの違いは?

同じ意味で捉えがちな「エラー」ですが

エラーは日本語で「誤り・間違い」という意味を持つそうで、システム開発でのエラーは主に、「人間が犯す判断の誤り」のことを表すそうです〜

キラバグはメタバグより高価?

メタバグの一種とされている幻の電脳物質。 その希少さから通常のメタバグの30倍の高値で取引されることもあるそうです。都市伝説によるとキラバグは生き物であり、それが化石化したものがメタバグであるとも言われ、またミチコさんの体の一部がコッチで電脳物質化したものだとも言われているそうです〜

こんな記事も



おすすめの関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました