点滅と点灯どちらが消費電力が大きい?イルミネーション&クリスマスツリーの気になる電気代算出

ライフハック

12月が近づくにつれて、街中でイルミネーションを見かけることが多くなりますよね〜ご自宅のお庭でもイルミネーションを楽しむお家もちらほら!ということで、気になる電気代を調べてみました!

点滅と点灯どちらが消費電力が大きい?

点滅させて使う方が電気代を節約できます。理由として、LEDイルミネーションライトは点灯している時だけ電力を消費するためです。

さらに、LEDイルミネーションライトは、白熱球のイルミネーションライトと比べると電気代はおよそ5分の1ということで、点滅の方が節約できます。

LEDの方が白熱球よりも、電気代が安く済むということは理解できたかと思います。ただ、白熱球の点灯と点滅だとどちらが電気代が多くかかるのか…を比べると

点灯でも点滅でもほとんど電気代は変わらないそうです。つけたり消したりを頻繁に行い、点滅回数の多くなると電球の寿命自体が短くなりますが、電気代は変わらないようです!

1ヶ月のイルミネーションにかかる電気代算出方法

1カ月分のイルミネーションにかかる電気代は、

「(商品の消費電力(W)÷1000)×1日に使用する時間(h)×1カ月に点灯する日数×1kWhあたりの電気代(円/kWh)」

で計算することができます。また、電気代は基本的に27円/kWhで計算するとおおよその電気代が算出できますよ!

点滅と点灯どちらが消費電力が大きい?イルミネーション&クリスマスツリーの気になる電気代算出

ということで、LEDイルミネーションライトを選んで、点滅でも点灯でもお好きな方を楽しんでみてはいかがでしょうか。

こんな記事も



おすすめの関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました