2020年の恵方巻の方角は?誰が決めてるの?

2020年の節分は2月3日の月曜日です。節分に食べる恵方巻ですが、毎年恵方に向かって食べると縁起がいいと言われています。今年の恵方は一体どこなのか?また、恵方を決めているのは誰なのか?についてご紹介いたします。

今年の恵方は「西南西(やや西)」!

「恵方」とは歳徳神の在る方角と言われております。歳徳神とはその年の福徳を司る神で、その神が在る方角に向かって事を行えば、縁起がいいとされています。

つまり、2020年は歳徳神が「西南西(やや西)」に在り、今年一年はその方角に向かって事を行えば万事が吉!という訳です。

西南西とは西と南西の間ですが、正確に恵方を向くためには「やや西」が重要です。

恵方はその年の「干支」によって決まると言われておりますが、「十二支」と「十干」合わせて「干支」だという事を知っていたでしょうか。

十二支と十支で「干支」なの?

古代中国から伝わった「十二支」と「十干」ですが、

「十二支」は12種のから成り、

「十干」は甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸から成ります。

「干支」の10種類それぞれを訓読みすると、「甲(きのえ)」「乙(きのと)」「丙(ひのえ)」「丁(ひのと)」「戊(つちのえ)」「己(つちのと)」「庚(かのえ)」「辛(かのと)」「壬(みずのえ)」「癸(みずのと)」となり「え」と「と」の対が5つ出来上がります。ここから「干支(えと)」と呼ぶようになったなどと諸説あります。

この対を4つの方角に分け、西暦と1の位が
4・9の時は「甲己」/東北東やや東
0・5の時は「己庚」/西南西やや西
1・6/3・8の時は「丙辛 戊癸」/南南東やや南
2・7の時は「丁壬」/北北西やや北

というように「恵方」を導き出すことができます。

じゃあ結局誰が「恵方」を決めているの?

歳徳神は吉の神、金神は凶の神などと、それぞれ吉凶を司る神がその年の十支に合わせて方位を転々と廻ります。歳徳神がその年の十支に合わせてとまった方角が「恵方」となると言われているのです。

まとめ

2020年の「恵方」は西南西(やや西)で、「恵方」を決めているのは「十支」と「歳徳神」でした。

ということで、令和初の節分である2020年2月3日は歳徳神が在る方角「西南西(やや西)」を向き、その年1年の抱負や願い事を思い浮かべながら美味しく恵方巻を食べてみてはいかがでしょうか?


おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です