土井善晴の牛すじカレーのレシピ【おかずのクッキング】

3月7日(土)放送の「おかずのクッキング」では、土井善晴先生が「牛すじカレー」のレシピを教えてくれました。

ぷるぷるの牛すじ肉と、牛すじから出る出汁で作るカレーです。カレー粉だけでなくお好みのスパイスを自由に入れてスパイシーに仕上げます。

土井善晴の牛すじカレーの材料(作りやすい分量)

  • 牛すじ肉(300g)
  • 玉ねぎ(1個=300g)
  • ニンジン(1本)
  • ニンニクすりおろし(1片分)
  • ショウガすりおろし(30g)
  • 小麦粉(大さじ4)
  • カレー粉(大さじ2)
  • お好みのスパイス(大さじ2)
  • 赤ワイン(1/2カップ)
  • 牛すじ肉のゆで汁+水(3カップ)
  • 植物油(大さじ1)
  • バター(20g)
  • 塩(小さじ1)

※お好みのスパイスですが、コリアンダー、クミン、赤唐辛子、パプリカパウダー、カルダモンパウダー、ジンジャー、クローブなどをミックスして使用していました。でも面倒であれば、ガラムマサラだけでも良いそうです。

土井善晴の牛すじカレーの作り方

  1. 牛すじ肉(300g)はあらかじめ茹でておきます。
  2. 玉ねぎ(1個=300g)は色紙切りに、ニンジン(1本)は5mmの厚さの半月切りにします。
  3. お鍋に植物油(大さじ1)、バター(20g)、ニンニクすりおろし(1片分)、ショウガすりおろし(30g)、玉ねぎ、ニンジンを入れ、あまり動かさずにじっくりと焼き色を付けていきます。
  4. 焼き色が付いてきたら小麦粉(大さじ4)を入れ、少し火を弱めてパラッとするまで炒めます。
  5. カレー粉(大さじ2)、お好みのスパイス(大さじ2)を入れ、鍋底のお焦げをこそげ取りながら炒め合せます。
  6. 牛すじ肉を入れ、なじむまでゆっくりと炒めます。
  7. 赤ワイン(1/2カップ)、牛すじ肉のゆで汁+水(3カップ)を、それぞれ2〜3回に分け、熱く煮立ったところに入れます。
  8. 塩(小さじ1)を入れ、時々混ぜながらじっくり弱火で30分ほど煮込めば出来上がりです。

土井善晴の牛すじカレーまとめ

しっかりと食材に焦げ目を付け「お焦げもうま味」というのが土井先生らしいレシピでしたね。

牛すじのうま味と、スパイスで香り良く、そして身体も温まる一品でした。



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です