家にあるモノでゴキブリ退治!一人暮らしのライフハック【カビキラー】

春から一人暮らしという方も少なくはないのではないでしょうか、そんな心細い状態でGに出会ってしまった…殺虫剤なんてまだ買っていない!そこで役立つ撃退方法をまとめました。

お掃除泡スプレー

カビキラーやマジックリンなどトイレ掃除、お風呂掃除に使う泡スプレーがゴキブリ退治に良い!とSNSでも話題とのこと!
その理由は「泡スプレーに含まれる界面活性剤によってGの呼吸を妨げる」らしいです。また、塩素系であれば人間にも有害な分Gにも効きそう!

防水スプレー

靴や鞄、傘の防水性を高めるスプレーです。こちら、最近危険性も話題となっており、使用には十分注意が必要です!Gを屋外に追いやるためにも、空気の通りを良くし、換気状態でGに吹きかけましょう!

いっぽ間違えると、呼吸困難や肺炎の原因になる実際、科学物質による中毒の危険性を喚起している日本中毒情報センターの資料によると、撥水性樹脂が肺に付着し、ガス交換に支障をきたすため危険とされているので本当に注意が必要です!

もうGと出会わないために置いておきたいモノ

そして、いったん退治したとしても1度Gに出会ってしまうと不安でしょうがないですよね。

私も上記の2点で戦い、Gは退治しきれず家の外に逃げられてしまいました…もう出会いたくないと心から願いネットに助けを求めたところブラックキャップなるものが望まない出会いを防いでくれるとのこと!


毒餌タイプ:毒餌置いておき、知らないうちにゴキブリや卵を駆除するタイプ

本当に、これ最高です。ワンルームのくせに12個全て配置しました。しかし、フィプロニル(フェニルピラゾール系)の薬剤は毒性が強いので幼児やペットのいるご家庭では、置き場所に十分注意してください!

ブラックキャップのおすすめ配置位置

  • 排気口
  • 玄関
  • ごみをおく場所
  • 冷蔵庫の下
  • 洗濯機の下
  • キッチン付近
  • 押入れ

外からの侵入を防ぎつつ、もし侵入した際滞在しそうな場所を潰すということでこの場所に置くことをおすすめします。一応もう一度注意喚起しますが、毒性が強いので幼児やペットのいるご家庭では、置き場所に十分注意してください!

家にあるモノでゴキブリ退治!一人暮らしのライフハック【カビキラー】まとめ

とりあえず、出会ってしまったらお掃除泡スプレー!防水スプレー!と何かしら遠くから噴射できるもので対処しましょう!ただ、塩素系漂白剤は壁紙などの変色を引き起こすこともあるので、問題のない場所に追いやってから…そして、ひとまずGとの休戦期間に入ったらすぐさまブラックキャップを配置しましょう。



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です