ネプライザーでウイルス感染のリスク高まる!?【ガッテン!】

4月8日(水)放送の「ガッテン!」では新型ウイルス流行の今こそ!かぜや喘息が引き金となって重症化する可能性が…ということで薬の効き目がUPする?技などが紹介されていました。

効果的な吸入器の使い方

  1. ほーといいながら息を吐く
  2. 舌の両側をまるめて空気の通り道を作るイメージで吸います

吸入器を使った後に習慣にしたいこと

口の中に薬が残らないように

  1. クチュクチュぺのうがいを3回
  2. ガラガラぺを3回

この時期にネプライザーを使う際には注意を!

ネプライザーとは外気を取り込み、薬液を霧化して気管支や肺におくるための医療機器。

新型ウイルスが流行する今の時期は、できるだけネプライザーの使用を避けて携帯型吸入器を使用にするか、十分に換気をしてからネプライザーを使用するようにするのがおすすめだそうです!

その他他番組で紹介されていたマスクの洗濯方法はこちら!

【news zero】コロナ対策マスクの洗濯 準備するもの

  • 清潔な桶など水が入れられる容器
  • 中性洗剤
  • ゴム手袋

【news zero】コロナ対策マスクの洗い方

  1. 桶などの清潔にした容器に水と中性洗剤を入れ溶かします
  2. ゴム手袋をつけてマスクを押し洗いします
    ※漂白剤や柔軟剤の使用はすすめていません
  3. 水で十分にマスクをすすぎます
  4. 形崩れしないように自然乾燥させましょう
    ※乾燥機などの使用はすすめていません

マスクを洗って再利用できる限界

全国マスク工業会は洗って繰り返し使える表記がない製品については洗うと機能が落ちるのでお勧めできないとも発表していルようです。


今回紹介したマスクの洗濯方法はやむ得ない場合に登場する裏技的方法です。気になる方はうがい手洗いなどをこまめに行うという方法も併せて対策しましょう!

紹介した「中性洗剤で押し洗い、十分にすすぎ、乾燥させる」方法ですが、マスクの品薄解消のため再利用可能との周知する方向で経済産業省も調整していたようです。しかし、衛生面を考えると反発の声も多いので、国からの発表ではなくじわじわと広がりつつあるようです。

おすすめ記事



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です