日焼け止めは30分前って嘘?外出の何分前に塗ればいいのか

紫外線が気になる季節に欠かせない日焼け止め!その効果をより発揮させる塗り方&日焼けの原理を徹底解説していきます!

日焼け止めは外出の30分前説は嘘?

まことしやかに囁かれている「30分前に塗らなければ効果がない」「15分前に塗らなければ〜」なんて説よく聞きますが、大手化粧品メーカー資生堂のHPには下記の記載が!

日焼け止めはきちんと塗っていれば、塗った直後から効果を発揮するものなので、出かける直前でもOK。

なるほど〜

しかし、いち企業の説だしな〜と思い厚生労働省の発表しているデータを探してみました。

厚生労働省が出している「紫外線環境保健マニュアル」には下記のような記載が

日焼け止めは、戸外に出る前に塗りましょう。

特に何分前に塗ると良い・・・という記載はなく。日焼け止めをムラなく塗れば効果は発揮するみたいです。

日焼け止めの効果を十分発揮させるには基本的に2回塗るように!

美顔器 スキンケア EMS

先ほどもご紹介した厚生労働省が出している「紫外線環境保健マニュアル」の続きには下記のような記載がありました。

日焼け止めは、戸外に出る前に塗りましょう。塗る量は、顔では手のひらに取る場合、一円玉を置いたくらいの面積が埋まるようにして、2回塗ります。

2回同じ量を重ねづける」と塗りムラが減らせて、より紫外線を防ぐことができるそうですよ!

日焼け止めより日焼けを防ぐのに効果的なものは?

外出する際に気をつけたいのが「UVインデックス=CIE紅斑紫外線強度(mW/㎡)/25」!これは国際照明委員会(Commission Internationale de l’Eclairage)が波長ごとの人の皮膚に対する影
響を考慮し、重み付けをして足しあわせたものなのですが、

UVインデックスで表される紫外線の強さは下記のように分類されます

弱い(1〜2):安心して戸外で過ごせます。

中程度(3〜5)強い(6〜7):日中は出来るだけ日陰を利用しよう。出来るだけ長袖シャツ、日焼け止め、帽子を利用しよう。

非常に強い(8〜10) 極端に強い(11+):日中の外出は出来るだけ控えよう。必ず長袖シャツ、日焼け止め、帽子を利用しよう。

夏場の9時〜15時ごろにかけて、全国的に中程度以上になる地域が多く、度合いとしては「出来るだけ長袖シャツ、日焼け止め、帽子の利用」をおすすめしていますね〜

紫外線を防ぐ方法として、厚生労働省は下記のような対策を呼びかけています。

  1. 紫外線の強い時間帯を避ける。
  2. 日陰を利用する。
  3. 日傘を使う、帽子をかぶる。
  4. 衣服で覆う。
  5. サングラスをかける。
  6. 日焼け止めを上手に使う。
    衣類などで覆うことのできないところには、大人は勿論のこと、子供も上手に日焼け止めを使うのが効果的です。

これを見ると、物理的に肌を露出させないという方法が日焼け止めより効果を発揮するようです(まぁ当たり前といえば当たり前ですね!)

ということで、外出時日焼け止めより日焼けを防ぐのに効果的なのは、ズバリ!「日傘や帽子を使用し、衣服で肌の露出を減らす」です!

日焼け止めは30分前って嘘?外出の何分前に塗ればいいのか【まとめ】


ということで、日焼け止めは30分前はおそらく嘘!

日焼け止めは日光に当たる前に塗っていれば◎さらに日焼けを防ぐには、サングラスや日傘、アームカバーなどで物理的に肌の露出を減らしましょう!



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です