日焼け止めミルクタイプの正しい塗り方&落とし方

日焼け止めには、ミルクやジェル、スプレーなどいろいろなタイプのものが存在します。

今回はミルクタイプの日焼け止めの塗り方と、その落とし方を調べてみました!

日焼け止めミルクタイプの塗り方① 顔に塗る

まずはミルクタイプを顔に塗る場合の方法です。

  1. 1円硬貨1個分程度の量を手のひらに取ります。
  2. 額、鼻の上、両頬、 アゴに 分けて置きます。
  3. そこからまんべんなくていねいに塗り伸ばしていきます。
  4. さらに、もう一度同じ量を重ねづけします。

日焼け止めミルクタイプの塗り方② 腕や脚など体に塗る

ミルクタイプを腕や脚などの体に塗る方法です。

  1. 容器から直接、直線を 描くようにつけてます。
  2. 手のひらでらせんを描くように均一に、ムラなく伸ばしていきます。

腕や脚などは気を抜いてしまいがちですが、しっかりとムラなく塗るように心がけましょう。

日焼け止めミルクタイプの落とし方① 顔の場合

毎晩一日の汚れを落とすのと同様に、日焼け止めもその日のうちに落としましょう。

耐水性の高い日 焼け止めなど、一部のものには説明文に専用クレンジングで落としてくださいと明記されていることもありますが、多くはメーキャップ化粧品を落とすメーク落し(メー ククレンジングオイルなど)を使って溶かしだすようにやさしく洗ってください。

その他、2層タイプと書かれている場合は、よく振ってから使いましょう。

日焼け止めミルクタイプの落とし方② 体の場合

腕や脚など、体の日焼け止めを落とす場合ですが、ボディーシャンプーだけでは落とせない場合があります。

そのときは、体であってもクレンジングを使って落とすようにしましょう。

日焼け止めは確実に落とさないと、お肌に負担をかけてしまうため、クレンジングでしっかり落としてください。

こちらもおすすめ!日焼け止めの人気記事

ほかにも日焼け止めは30分前に塗る必要はあるのか?日焼け止めの効果時間など、日焼け止めに関するおすすめの記事はこちら!



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です