中華料理で辛いものが多いのはなぜ?中国四川激辛チャレンジが人気★

TV

最近TVなどで「激辛料理チャレンジ」と言う企画を目にすることが増えましたよね!その中でも多いのが中華料理!なぜこんなにも辛い料理が多いのか気になったので調べてみました。

辛い料理が多い理由は?

中華料理の中でも特に辛い料理が多いのは、四川料理と言われています。その理由は、四川の成都は盆地で湿気が多く、唐辛子に含まれるカプサイシンが発汗を促し、ある種、その土地に根付いた健康法なのかもしれませんね。さらに、「四川省は夏と冬とで、さらに一日のうちでも早朝と日中とで寒暖の差が非常に大きい土地柄であり体調を崩しやすいことから、唐辛子や花椒を多用した料理を食べて発汗を促進し、その薬膳効果によって健康を保つため」と語る四川料理人もいらっしゃるそうですよ。

四川料理の辛さは昔からではない!?

南米原産の唐辛子が中国に伝来したのは大航海時代を迎えた17世紀、明朝末期と言われており、外部の食文化を積極的に取り込んで現在の姿に進化してきたようですよ〜

四川料理のメイン調味料は?

四川料理の味付けの特徴は、「麻辣=マーラー」は痺れるような花椒(ホワジャオ)と呼ばれる中国山椒の味、唐辛子の辛い味のことを言う。
豆板醤(トウバンジャン)を始め、椒麻醤(ジャオマージャン)や魚醤などの調味料を使い、複雑な辛さを生みだしているそうです〜

こんな記事も!



おすすめの関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました