土井善晴の椎茸の肉詰めのレシピ【おかずのクッキング】

10月3日(土)放送の「おかずのクッキング」では、秋の食材「椎茸」と「さつまいも」を使った2品のおかずレシピを土井善晴先生が教えてくれました。

土井善晴先生の椎茸の肉詰めは、椎茸の軸もみじん切りにして使うレシピです。

土井善晴の椎茸の肉詰めの材料(2人分)

  • 椎茸(8~9枚=200g)
  • 小麦粉(適量)
  • 醤油(大さじ1)
  • 砂糖(大さじ1)
  • サラダ油(大さじ1)
  • 水(1/3カップ)

肉だねの材料

  • 豚ひき肉(100g)
  • 長ねぎ(100g)
  • 片栗粉(大さじ2)
  • カレー粉(大さじ1)
  • 酒(大さじ1)
  • 塩(ひとつまみ)

土井善晴の椎茸の肉詰めの作り方

  1. 椎茸(8〜9枚)は軸をみじん切りにします。
  2. 長ねぎ(100g)は粗みじん切りにして、片栗粉(大さじ2)を混ぜ合わせます。
  3. ボウルに豚ひき肉(100g)、椎茸の軸、塩(ひとつまみ)、カレー粉(大さじ1)、酒(大さじ1)を入れて混ぜ合わせ、さらに長ねぎを入れて混ぜ合わせます。
  4. 椎茸の内側を上にして小麦粉を振り、肉ダネを詰めます。
  5. フライパンを熱してサラダ油(大さじ1)を引き、肉ダネの面を下にして椎茸の肉詰めを置いて焼いていきます。
  6. 焼き色が付いたら返し、醤油(大さじ1)、砂糖(大さじ1)、水(1/3カップ)を入れてフタをします。
  7. 弱火で5分ほど蒸し焼きにしたらフタを取り、水分を飛ばせば出来上がりです!

土井善晴の椎茸の肉詰めまとめ

椎茸の軸に、さらに長ねぎもみじん切りにして肉ダネに入れるのが土井流です。

カレー粉も入って、これひとつだけでご飯がすすむおかずレシピになっていますね。これは是非作ってみたいレシピです!



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です