コウケンテツの韓国風ハンバーグのレシピ【おかずのクッキング】

10月10日(土)放送の「おかずのクッキング」では、料理研究家のコウケンテツさんが「韓国風ハンバーグ」のレシピを紹介してくれました!

韓国宮廷料理の、骨付き牛カルビ肉を刻んでタネにして骨を芯に成型して焼く「トッカルビ」という料理をアレンジした一品です。

コウケンテツの韓国風ハンバーグの材料(2〜3人分)

タネ1

  • 牛切り落とし肉(300g)
  • 酒(大さじ1)
  • 醤油(大さじ1)
  • 塩(少々)
  • コショウ(少々)
  • ごま油(小さじ1)

タネ2

  • ニンニクすりおろし(1/2片分)
  • ショウガすりおろし(1/2片分)
  • 長ねぎみじん切り(1/2本分)
  • 白いりごま(大さじ1)
  • 小麦粉(大さじ1)

その他

  • レンコン(小1節)
  • さやいんげん(8本)
  • ごま油(大さじ1)
  • 酒(大さじ3)
  • 小ネギ小口切り(適量)
  • 白いりごま(適量)
  • 糸唐辛子(適量)

コウケンテツの韓国風ハンバーグの作り方

  1. 牛切り落とし肉(300g)は細かく刻んで叩きます。
  2. レンコン(小1節)は5mm厚さの輪切りにします。
  3. さやいんげん(8本)はヘタを切り落とします。
  4. ボウルに牛切り落とし肉、酒(大さじ1)、醤油(大さじ1)、塩(少々)、コショウ(少々)、ごま油(小さじ1)を入れ、手で粘りが出るまでしっかりと練り混ぜます。
  5. さらにニンニクすりおろし(1/2片分)、ショウガすりおろし(1/2片分)、長ねぎみじん切り(1/2本分)、白いりごま(大さじ1)、小麦粉(大さじ1)を入れてよく混ぜ合わせます。
  6. 6等分にし、両手でキャッチボールをするようにして空気を抜いたら、円盤形に成型します。
  7. フライパンにごま油(大さじ1)を引いて熱し、レンコン、さやいんげんを入れてフタをして蒸し焼きにし、両面がこんがりと焼けたら取り出します。
  8. 同じフライパンにハンバーグを入れて両面をこんがりと焼きます。
  9. 酒(大さじ3)を振り、フタをして酒がふつふつとしてきたら弱めの中火にして5分ほど蒸し焼きにします。
  10. 器に盛りつけ、小ネギを散らして白ごまを振り、糸唐辛子をのせて出来上がりです!

コウケンテツの韓国風ハンバーグまとめ

ハンバーグのタネは2回に分けて練り混ぜることで、割れにくくなるそうです。

そしてつなぎを少なくすることで、肉の味を楽しむことができるレシピになっています。牛肉の味をダイレクトに楽しめる肉肉しい一品、これは是非作りたいですね。

こちらもおすすめ!土井善晴先生の人気レシピ

ほかにも土井善晴先生のハンバーグやサンマのから揚げ、牛すじカレーのレシピなど人気のレシピはこちらで!



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です