ホワイトデーの渡し方 小学生はどうする?学校が休みの場合

ホワイトデーの渡し方、どうするのがいいのか迷いますよね。

小学生だと、まわりの目も気になるところで手渡しするのは恥ずかしいけど、ロッカーとかに入れておけばそれでいいのか?はたしてどう思われてしまうのかも気になるところです。さらに学校が休みの場合の渡し方も、迷ってしまいますよね。

というわけで今回は、小学生のホワイトデーの渡し方をリサーチしました!

ホワイトデーのダメな渡し方

まずはホワイトデーで女子が嫌うダメな渡し方から。

嫌がられるのは「友達経由で渡される」「ロッカーや机に入っている」「無言で手渡される」などのパターンです。

どれも共通するのは「本人からの直接のメッセージがない」ということです。

ホワイトデーはバレンタインデーのお返しといっても、やはりその気持ちを聞きたいというのが本音です。

なので「バレンタインデーありがとう。これホワイトデーのお返し!」くらいの最低限のメッセージでも、あるのとないのとでは雲泥の差になります。

ここはしっかりとコメントを添えて手渡ししたいですね。

というわけでこれを踏まえると、ホワイトデーのベストな渡し方はこちらになります。

ホワイトデーのベストな渡し方①「手渡し&コメント」

やはり渡し方のベストは、直接の手渡し&なにかしらのコメントと共に、ということになります。放課後など、まわりに人が少ない状況で渡すか、学校のどこかに呼び出して渡しましょう。

ただし、これも実は相手によりけりです。

気になっている相手だったり、ずばり好きな相手であれば文句なしにこれが正解なのですが、別に気になっていない相手であれば、あまり重苦しいのは逆効果となってしまいます。

自分がはたして今、どの立ち位置にいるのか分からない、ということは多々あるわけで、それを踏まえた渡し方のベストを考えてみました。

ホワイトデーのベストな渡し方②「ロッカー&メッセージカード」

ロッカーにお返しを置いてあるだけはNG!と最初に言いましたが、それはなにもコメントがない場合です。

ここで一歩踏み込んで「メッセージカードを添える」というプラスアルファをしてみましょう。

すると「メッセージと共にお返し」に大変身!

さらに相手にとって自分が意中の人ではないときも、ほどよいアプローチ感があってベスト、さらに意中の人であったとしてもほどほそ感があって意外とベスト、となってくるのです。

つまり自分に自信がないときのベストな渡し方は「ロッカー&メッセージカード」になるわけです。

そしてメッセージカードに書くのは「バレンタインありがとう。これはお返しです。これからもよろしくね!○○○より」程度の簡単なものでOK!むしろ簡単なものがベストです。

ほどよい距離感、これが最も無難な選択肢となりますね。ただ、本命に対してググッとアプローチをしたい、という場合はやっぱり①の直接渡すになるので頑張りましょう!

ホワイトデーがお休みの日はどう渡す?

それではホワイトデーがお休みの日の場合の渡し方を考えます。

ホワイトデー当日に直接渡す

①の直接渡したい場合ですが、いくつかのパターンがあります。

自宅に行って渡す、近くのコンビニで渡す、近くの公園に呼び出して渡すの3パターンです。

自分が相手の本命であるのあれば、近くの公園に呼び出すパターンがベストです。

そのほかは次点となりますが、意外と自宅やコンビニというのもありみたいですね。

ホワイトデーの前の日に渡す

例えばホワイトデーが日曜日の場合、通常であれば最後に会うのは金曜日となることが多いと思います。

であればその金曜日に、直接手渡しするなり、ロッカーに入れておくなりの戦術をとればいいわけです。

ちなみに「ホワイトデーの後の日に渡す」というのは避けた方が無難です。翌日くらいなら大丈夫かなと思いがちですが、もらえなかったーという気持ちを1日でも引きづらせてしまうため、デメリットの方が大きいですね。



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です