マカロン

マカロンが溶ける温度は?冷蔵庫で保存する必要はない?【ホワイトデー】

ホワイトデーのお返しとして人気が高まっているマカロンですが、普段あまり購入しないお菓子の保存方法が気になったのでまとめてみました。

マカロンが溶ける温度は?

ズバリ、マカロンが溶ける温度は中に挟まれているものによって異なります。

「マカロン」は常は固く泡立てたメレンゲに砂糖、アーモンドプードル等を加えて混ぜて焼き上げた柔らかな2枚の生地にクリームやジャム、ガナッシュをはさんだものを指します。

この上下の2枚の生地は焼き菓子なので溶けることはなさそうですが、中が溶けることにより生地が染みて、マカロン本来の食感が楽しめなくなる可能性が出てきてしまうので、保存には注意です!

マカロン全般として保存の効く菓子ではなく、どちらかというと生菓子に近いため、15℃以下を推奨しているマカロンがほとんどです。

特に溶けやすい「生マカロン」

マカロンには大きく2種類あり、溶けにくいジャムやチョコレートを挟んだ「マカロン」と、中に挟むものが冷蔵または冷凍保存が必要なフルーツピューレやアイスを使用した「生マカロン」があります。

この生マカロンと呼ばれるマカロンは、シュークリームやエクレアなどと同じ扱いをした方が良さそうです!

つまり、常温ではなく2℃〜6℃くらいの冷蔵室保存が美味しく食べられておすすめですね。


常温保存が効く「マカロン」

生地に挟まれたものが、少量のバタークリームやチョコレートの場合、高温多湿をさけた冷暗所保存でも良さそうです。

つまり、涼しい場所でしたら、常温保存が可能ということになりますね。

しかし、ここでも、15℃以下はキープした方が良さそうです!


トゥンカロンは保存に注意!

最近流行りの韓国風マカロンの保存方法は?

トゥンカロンは韓国語で「太ったマカロン」という意味もあるくらい、中のクリームが多いマカロンになっています。

なので、多くのトゥンカロンのクリーム部分が剥き出しになっています。

マカロンの保存方法を左右するのが、このクリーム部分なので注意しましょう!

バレンタインに合わせて読みたいです記事

チョコレートが溶ける温度は?車でも溶けない?【バレンタイン】

こんな記事も!



おすすめの関連記事

“マカロンが溶ける温度は?冷蔵庫で保存する必要はない?【ホワイトデー】” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です