髪に日焼け止めは必要?痛む?カラーした髪は紫外線に弱いのか

日焼けを気にすべきはお肌だけじゃないらしいですよ〜夏でも艶々さらさらな髪を保ちたい!ということで、その方法を調べてみました!

紫外線を受けると「強度が低下する」「硬いバサバサな手触りに」そんな髪をなんとか、守りたい!

髪に日焼け止めは必要?

髪にも日焼け止めを塗った方がいい

必要と言えば、必要ですが…

日焼けを防ぐ方法として、一番に思いつくのがその名の通り「日焼け止め」ですが…

思い返してみれば物理的に日陰を作る「屋内」や「日傘」「サングラス」「アームカバー」などの方が紫外線に対する戦闘能力は高いです。

というのも、体や顔に塗る日焼け止めは1日の終わりにしっかり落とす必要がありますよね!それほど、肌にかける負担が強いとも言えます。

なので、髪に日焼け止めを使用した場合。念入りに洗髪する必要があり、さらにトリートメントも念入りに行わなければならなくなります。

できれば、帽子やタオルなどで日陰を作り、紫外線に対抗した方が良さそうです。

髪に日焼け止めは痛む?

まず、体や顔に塗る日焼け止めが髪につくと、パリパリになります。(経験談)なので、髪用の日焼け止めの使用をおすすめします!

カラーした髪は紫外線に弱い?

呼びかけ 

ヘアカラーはキューティクルをアルカリ性の薬剤の力を使って押し広げて、髪内部にある元の色素を脱色しつつ、染めたい色の色素を浸透させていきます。

なので、髪の内部が晒されやすい状態にあります。そのため、紫外線の影響がカラーしていない髪より大きいことは言うまでもなさそうですね。

髪の日焼け対策には日々のヘアケアが功を奏す!

髪用の日焼け止めも良いですが、日々のヘアケア、特に「洗い流さないトリートメント」が日焼け対策に有効らしいですよ!(当ブログ調べ)

キューティクルが傷んだり開いたりすると、髪の内部もダメージを受けてしまい、切れ毛や枝毛といったダメージヘアの原因に。しかも、一度剥がれ落ちたキューティクルは自己修復できないため、剥がれ落ちないようにしっかりとケアすることが重要なのです。(LUX公式HP)

ということで、ドライヤーの熱から守る系のトリートメントがありますよね。ああいったものを日々のヘアケアに加える!

入浴の際に、念入りにトリートメントする!髪に良い食べ物を食べて内側からケア!

など、日々のヘアケアが髪の日焼け対策には有効らしいです!

そこで特におすすめしたいのがヘアオイル!

ヘアオイルを付けることで髪をコーティングし、紫外線などの外部刺激から髪を守ってくれるそうです!ヘアオイルは保湿や摩擦の軽減に効果的◎

髪に日焼け止めは必要?痛む?カラーした髪は紫外線に弱いのか【まとめ】

と言うことで、

  • 髪に日焼け止めは必要!しかし、帽子などで防げる場合はそちらの方がおすすめ!
  • 髪用以外の日焼け止めは髪をパサパサにしてしまう!
  • 日々のヘアケアで紫外線の影響を受けにくい髪を!

もう少し研究して、さらさら艶々な髪を保つ方法を追記できれば!と思います!

こんな記事も!

日焼け回避マンになれそう…



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です