太らない!?カレーで脂肪燃焼「デトックスカレー」のレシピ

太らない!?カレーで脂肪燃焼「デトックスカレー」のレシピ

今回は数年前に流行った脂肪燃焼スープと意外にもダイエット向きなカレーをミックスさせたデトックスカレーの作り方をご紹介いたします!

デトックスカレーの作り方

デトックスカレーの材料

  • 玉ねぎ (3個)
  • ピーマン (1個)
  • セロリ (太め1本)
  • キャベツ (半玉)
  • トマト缶 (ホールトマトタイプで!)
  • チキンスープの素 (1個)

    カレーのスパイス4種
  • ターメリックパウダー (大さじ1)
  • レッドチリパウダー (大さじ1)
  • クミンパウダー (大さじ2)
  • コリアンダーパウダー (大さじ1)

デトックスカレーの作り方

  1. まずは野菜を(玉ねぎ1個を残して)全て食べやすい大きさに切りましょう!
  2. 大きめの鍋にチキンスープの素とホールトマト、カットした野菜を入れましょう
  3. 2の具材が半分浸かるくらいの水を入れ10分ほど煮ます。
  4. 野菜に火が通れば完成です!

    めちゃめちゃ簡単で不安になりますが、お次はカレーをスパイスから作っていきます。ちょっと難しいですよ!
  5. 1個だけ残しておいた玉ねぎをみじん切りにします。
  6. みじん切りにした玉ねぎを飴色になるまで火を通しましょう
  7. 玉ねぎが飴色になってきたらカレーのスパイス4種を加えます
  8. スパイスが固まらないように全体をよく混ぜます

    カレーの素は出来上がりました。あとはスープとミックスさせます!
  9. 先に作っておいたスープにスパイスから作ったカレーを入れて一煮立ちさせれば完成です!

注意点

この脂肪燃焼スープですが、水をいれる量によって出来上がりの量も変わります。(当たり前ですが…)

1週間分を1度に作って1週間かけて食べることでデトックス効果につながると言われているこちらのスープですが。
加熱されているとはいえ1週間も同じ鍋から食べるのは気が引けますよね。
なので、水の量は初めは少なめにしておきましょう!カレーを加える段階で味見をしながら水を増やすようにしましょう!

デトックスカレーでダイエット効果を高める方法

このダイエットは1週間かけて行うダイエットですので、1週間がんばってみましょう!

デトックスカレーと過ごす7日間

1日目<まずはガチデトックス>

果物と水だけの1日を過ごしましょう。
なんて過酷な!と思うかもしれませんが…

あなたは今無人島に漂流したのです。そんな中で清潔な水と果物を食べられる幸運に感謝しましょう。
※無人島にありそうな果物No1と言っても過言ではないバナナは食べれません。気をつけましょう!

2日目<スープと野菜>

作ったスープの他に、野菜であれば食べてOKです。ただし、果物は食べないようにしましょう!

3日目<1日目と2日目で食べたものならOK>

スープ、野菜、果物を食べてOKです!ここまで来ると若干体がスッキリしてくるのを感じられるのではないでしょうか?

4日目<スープとバナナ>

スープ、バナナ3本と無脂肪ミルク、低脂肪牛乳と水はOK
4日目になると炭水化物、タンパク質、カルシウムを欲してきます。満たしてあげましょう。
甘いものが食べたい!という気持ちも抑えられるはず!

5日目<お肉とトマト>

スープ、赤身の多い牛肉、鶏、魚、トマトOK
この日は体から尿酸をデトックス!

6日目<牛肉と野菜>

スープ、牛肉、野菜OK!
好きなだけ食べていいです!とは言ってもこの3種に限定ですが…もう少しです頑張って!

7日目<玄米>

スープ、玄米、野菜、フルーツジュースはOK
1週間で少しは減量できたのではないでしょうか!体質によって減量の幅はあると思いますが、お肌のツヤや便通など何かしら変化があるのでは!?

1週間お疲れ様でした!

カレーで脂肪燃焼ができるの?

単純にカレーを食べまくっても痩せることはないでしょう!「カレーダイエット」と呼ばれる普通のカレーでダイエットするためにはお米を豆腐に変えたり、そもそもお米がないカレーを食べたり、朝少しのカレーを食べたり…しなければなりません。(それってカレーじゃなくても良くね?と思ったり思わなかったり)

ですが、紹介したデトックスカレーは少し前にダイエッターの中で話題になった「脂肪燃焼スープ」にカレーのダイエット向きな部分だけを加えた優れものなのです!

一体、カレーのどこがダイエット向きなのかというと!

カレーのスパイスには脂肪燃焼効果が!?

今回使用したスパイスの効果をご紹介!

ターメリック

別名ウコンのターメリック!
消化作用や新陳代謝を良くすると言われていて脂肪の分解・燃焼を助けてくれます。
ウコンといえばお酒を飲む前に!というイメージもあるかと思いますが…肝機能を高める効果と抗酸化作用や抗菌・消炎作用があり、漢方薬としてもよく使われています!

クミン

胃腸の働きを高める効果があり、消化作用を助けてくれます
新陳代謝も活性させ、脂肪の燃焼を助ける効果も期待できるスパイス!

コリアンダー

カロチンやビタミン、鉄分などが豊富に含まれており、美容効果に期待大のスパイス!腸に溜まったガスを排出して便通を助けてくれるとのこと。加えて、胃腸の働きを補助して新陳代謝を活性!

太らない!?カレーで脂肪燃焼「デトックスカレー」のレシピまとめ

私も脂肪燃焼スープが流行っていた頃、実際に作って食べてみたのですが「味がない」という欠点にぶち当たってしましました。どうにか味変しようと3日目くらいでスープに味噌を加えました。しかしこれのせいか…味噌汁には白米!と脳内が侵されダイエットを断念しました。挑戦されるで味変したくなっても「塩分」は余計に取らないようにしましょう!



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です