レジ袋の提供が禁止に?有料もなくなる?いつから?違反した事業者は?【レジ袋禁止条例】

プラスチック製のレジ袋が有償、無償を問わず禁止になる全国初の条例案が全会一致で京都府亀岡市議会で可決となりました。この運動は全国的に広がる予感。

レジ袋の提供が禁止に?レジ袋禁止条例

2020年3月24日(水)、小売店がプラスチック製のレジ袋を提供するのを有償、無償を問わず禁止する全国初の条例案を全会一致で京都府亀岡市議会で可決となりました。

亀岡市では京都・嵐山までの舟下りで知られ、観光客も多い保津川の河川敷に漂着するプラスチックごみが目立つようになったため、市と市議会が18年12月に「プラスチックごみゼロ宣言」をしていたようです。

レジ袋禁止条例いつから?

有料であっても提供を禁止し、土や水の中で自然に分解される紙袋なども無料配布は禁じるという結構厳しめの条例な気もしますが…2021年1月1日から施行のようです!

これまでも、ビニール袋の問題はよく取り上げられていたような気がしますが微生物によって土に返る生分解性の材質や紙のレジ袋を無償で提供するのも禁止とは、本気ですね。

しかし、これぐらいの覚悟とルールが発生しないと環境問題に立ち向かえないのかもしれませんね。

レジ袋禁止条例ペナルティもある!?

亀岡市のコンビニやスーパーなどの全事業者が対象となっているようで、違反した事業者には立ち入り調査や是正勧告を行い従わない場合は21年6月1日以降事業者名を公表できるという徹底ぶりです。ふはー!亀岡市に旅行で立ち寄る際はマイバックが必須ですね!



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です