旧ヤム邸カレー!植竹大介のおうちご飯レシピ【プロフェッショナル】

5月12日放送の「プロフェッショナル仕事の流儀」では緊急企画プロのおうちごはん第2弾!ということで日本人初三ツ星フレンチシェフとなった岸田周三さんたちがレシピを紹介していました!

カレー職人植竹大介さんの『気持ちアップ、スパイスカレー』

『気持ちアップ、スパイスカレー』の材料

  • ツナ缶(油が入っているタイプ)
  • 1缶 にんにく(チューブタイプで可) およそ20g
  • しょうが(チューブタイプで可) およそ20g
  • トマト缶 1缶
  • カレー粉 おおさじ2杯
  • 粉末クリーム(生クリームでも可) 1個
  • 甘酒 約150ml
  • レンコン(皮付き)適量
  • サラダ油 適量
  • ごはん 適量

    キャベツのマリネ
  • キャベツ 1/2個
  • すし酢 適量
  • 塩 適量
  • コショウ 適量
  • ターメリックパウダー 適量

『気持ちアップ、スパイスカレー』の作り方

  1. ツナ缶の油のみ、フライパンに入れる。
  2. サラダ油を少量追加し、火をつける。
  3. にんにく、しょうがを適量加える。
  4. 一度火を止めてから、カレー粉を大さじ2杯加える。 ※ポイントツナ缶の油は飛びやすいので要注意。焦がさないように。
  5. レンコンを薄めのいちょう切りにする。
    ※ポイント  皮に栄養があるので、皮付きがオススメ。
  6. レンコンを加えて再び火をつけ、絡めるように炒める。塩・コショウ、適宜。 ポイント  オイル感が足りないと思ったら少量のサラダ油を加える。
  7. トマト缶と甘酒を入れ、火を少し強くして炒める。
  8. ツナと粉末クリーム(コーヒー用の粉末クリーム)を入れ、しばらく煮込む。
  9. キャベツをザク切りにする(カレーを煮込む間にキャベツのマリネを作る)。
  10. キャベツをビニール袋に入れ、すし酢を入れる。
  11. ターメリックパウダー、塩、コショウも入れ、軽くもむ。
    ※ポイント キャベツの食感を楽しむために、もみすぎない。
  12. カレーにとろみがついたら、完成。
  13. ごはんにカレーをかけ、キャベツのマリネをのせて完成。

店舗情報:旧ヤム邸

  • 住所:〒155-0032 東京都世田谷区代沢5丁目29−9 ナイスビル
  • 電話番号:03-6450-8986
  • 営業時間:11時30分~15時00分、18時00分~22時00分
  • 定休日:火曜日(営業時間・休業等変更の可能性あり)

こちらの記事もオススメ



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です