【プロフェッショナル】タサン志麻のフランス風グラタンの作り方!伝説の家政婦

5月19日(火)放送の「プロフェッショ仕事の流儀」では緊急企画「おうちごはん」第3弾。自宅で過ごす時間を楽しくするために『食』を究めたプロが結集し、簡単・絶品レシピが紹介されていました!

伝説の家政婦タサン志麻のフランス風グラタン(アッシ・パルマンティエ)の作り方

フランス風グラタン(アッシ・パルマンティエ)の材料

  • ジャガイモ(メークイン) 5個
  • バター 25g
  • 牛乳 150ml
  • 牛こま肉 250g
  • タマネギ 1個 トマト缶 
  • 1缶(400g)
  • ケチャップ 大さじ3
  • 中濃ソース 大さじ2
  • 砂糖 適量
  • 塩 適量
  • こしょう 適量
  • 油 適量
  • ピザ用チーズ 適量

フランス風グラタン(アッシ・パルマンティエ)の作り方

<ジャガイモのピュレ>

  1. ジャガイモを適当な大きさに切り、柔らかくなるまでゆでる。
  2. ゆで汁を切って、フォークでしっかりつぶす。水分が気になったら、鍋に戻して水分を飛ばす。熱いうちにバターを混ぜる。
  3. 弱火にかけ、牛乳を2、3回に分けて加えてのばし、ひと煮立ちさせる。

<牛肉のトマト煮>

  1. 牛こま肉は一口大に切る。冷凍肉を使用する場合は、できれば前日から冷蔵庫で解凍する。
  2. タマネギは薄切りに。フライパンに油をひいてタマネギを入れ、軽く塩を加え、弱めの中火でしんなりするまで炒めます。
  3. 牛肉を加えてさらに炒める。
  4. 肉の色が変わったら、トマト缶を汁ごと加えて、水を100ml、ケチャップ、中濃ソースを加えて、弱めの中火で約10分煮詰める。
  5. 好みで塩、こしょうを加える。酸味が強ければ、砂糖を大さじ1程度加える。
  6. グラタン皿に5をしいてジャガイモのピュレをのせ、チーズをかけて、250度に熱したオーブンで20分程度熱し、表面に焼き色がついたら完成。

こちらの記事も



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です