やってTRY!フレッシュトマトの天津飯【噂の東京マガジン】

9月13日(日)放送の「噂の東京マガジン」やってTRYでは、上海料理 孫特家の孫関義シェフが、フレッシュトマトの天津飯のレシピを教えてくれました。

孫さんのフレッシュトマトの天津飯は、先に卵だけをかけ、その後にフレッシュトマトの餡をかけるという一品です。

フレッシュトマトの天津飯の材料(1人分)

  • 卵(2個)
  • カニの身(25g)
  • 塩(ひとつまみ)
  • ニンニクすりおろし(小さじ1.5)
  • 刻んだネギ(少々)
  • サラダ油(大さじ1)

フレッシュトマトのあんかけ

  • フルーツトマト(1/2個)
  • ニンニクすりおろし(小さじ1.5)
  • 鶏ガラスープ(150cc)
  • オイスターソース(大さじ1.5)
  • 醤油(大さじ1.5)
  • 酢(大さじ2)
  • 砂糖(小さじ2.5)
  • 塩(小さじ1)
  • ケチャップ(小さじ1)
  • 水溶き片栗粉

フレッシュトマトの天津飯の作り方

  1. フルーツトマト(1/2個)をスライスします。
  2. フライパンを熱してサラダ油(大さじ1)を引きます。
  3. 卵(2個)、醤油(小さじ1)、塩(ひとつまみ)を入れて混ぜ合わせ、2のフライパンに入れて炒めていきます。
  4. 器にご飯を盛りつけ、かるく炒めた3をのせます。
  5. フライパンに刻んだネギ(少々)、カニ(30g)、ニンニクすりおろし(小さじ1.5)、トマトを入れて炒め合わせます。
  6. 天津飯のタレの材料を入れて混ぜ合わせます。
  7. 片栗粉を入れてとろみをつけ、4にかけて出来上がりです!

孫さんのお店「上海料理 孫特家そんとくや」

孫特家は横浜中華街の名店「四五六菜館」のオーナーシェフである孫関義(そんかんぎ)さんが、特別に作った隠れ家的レストランです。略して孫が特別に作った隠れ家的レストランということみたいです。

京浜急行線「井土ヶ谷駅」から徒歩約6分ほどのところにあります。

  • 住所:神奈川県横浜市南区井土ヶ谷中町4
  • 営業時間:11:30-15:00/17:00-22:00
  • 定休日:木曜日
  • 電話番号:045-515-4210
  • 食べログの評価:口コミレビューはなく無評価でした!

こちらもおすすめ!テレビ紹介の人気レシピ

ほかにも菅田将暉さんのおばあちゃんのオムレツレシピなど、テレビ紹介の人気レシピもおすすめです!



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です