コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホン!Amazonで激安販売中のAVIOT TE-D01hを買ってみた

最近、イヤホンと言えば完全ワイヤレスイヤホンがAppleのAirPodsをはじめとして大流行中ですよね。

このソニーやBOSEなど競合が多い世界で、新進気鋭の日本企業「AVIOT」の完全ワイヤレスイヤホンがどこまでいけるのかと応援したくなって、うっかりとAmazonでポチることついついこれで3台目。TE-D01hを買ってしまいました。

TE-D01hはTE-D01bの後継機

実はこのTE-D01hは、TE-D01bの完全な後継機なんです。と言っても前機種のTE-D01bを知らないとなんだそれはということになるわけなんですけど、このTE-D01bはわたしが初めて買ったAVIOTの完全ワイヤレスイヤホンでもあります。

以前、愛用していたのがBOSEの3万円もするネックバンド型のワイヤレスイヤホンが壊れてしまったために購入したのがTE-D01bで、使った瞬間に「1万5千円クラスのイヤホンが、BOSEより全然音がいい!」と衝撃を受けました。

そして初めて、有線のイヤホンを使うのを完全にやめてしまいました。音質的には数万円クラスの有線イヤホンと互角だと感じたからです。

その音質は非常にクリアで奥行き感があり、ワイヤレスイヤホンでありがちだったホワイトノイズもほぼ無し。低音はそれほど強くないので好みは分かれるところですけど、クラシック系にも合うイメージのイヤホンです。

TE-D01bは防水機能搭載でお風呂場OK

しかもこのTE-D01bですが、IPX7の防水性能を持っていて、お風呂でも使えるんです!

お風呂で使えるガジェット好きということもあり、このイヤホンの虜になってしまったわけなんですね。

音楽をお風呂で聞こうと思ったら、まずワイヤレススピーカーとかを検討すると思いますけど、このイヤホンなら風呂場の音の跳ね返りとかも気にすることがなく、いつもの音をお風呂場で楽しめるので超いいんです。なかなかお風呂で完全ワイヤレスイヤホンを使う人はいないかと思いますけど、かなりオススメなので一度試して欲しいですね。

TE-D01hの進化したポイント

さてさて、本題のTE-D01hですが、TE-D01bの完全後継機ということで、基本的な性能はそのままに、前機種の弱点を克服してきています。

イヤホン単体で音量操作が可能に

まず最大の弱点と言われていたのが「イヤホン単体で音量の調整ができない」ということでしたが、これも最近のモデルで搭載されている「左耳側が音量、右耳側が曲送り&戻し」になり、操作可能となりました。

個人的には音量は「滅多に変えないのでiPhoneで操作しても別に構わない」と思っていたのですが、やはり操作できるにこしたことはないですよね。

電源を入れた時の爆音アナウンスがなくなった

そして最大の修正点がここ、電源を入れた時の爆音アナウンスがなくなった点です。

前機種では、電源がONになった瞬間、超大きな英語でパワーン!という音が響き渡っていたのですが、このモデルではやさしい日本語でアナウンスしてくれるようになったんです。

個人的にここが一番良かった点ですね。

ちなみに気になる音質ですが、、

数日使うと霧が晴れたように音質がクリアになる

前のモデルもそうだったし、ほかのAVIOTのモデルでもそうだったんですけど、最初はちょっとくもった音がします。

それが数日使っているとくもった感じが消え、いきなりクリアにきこえるようになるんです。

エイジングというほどの期間でもないですけど、買ったらすぐに音を出し続けておいた方がいいかなと思います。

まあでも、くもってる時点でもBOSEより音がいいと感じますけどね。

そしてなにより、このAVIOT TE-D01hの最大のおすすめポイントがこちら!

今ならAmazonで7,450円で買える!

なんとこのイヤホン、Amazonでお値段が7,450円なんですよね。

ちなみに楽天では10,000円を切っていないません。

前モデルの1万5千円でも安く感じるレベルだったので、さらにその半額とあっては見た瞬間に即買いですよね。

というわけでAmazonで残り17点となっているので、おそらく在庫限りのセール価格じゃないかと思うので今すぐチェック!



おすすめの関連記事

“コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホン!Amazonで激安販売中のAVIOT TE-D01hを買ってみた” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です