肩こり解消の姿勢がある?おすすめの肩こり解消グッズまとめ

デスクワークが増えて体を動かす頻度が減った…筋肉が衰えて肩が凝りやすくなった…など!ある姿勢を意識するだけで辛い痛みから解放されるかも!

肩こり知らずになるにはこれがおすすめ!

デスクワークが多かったり、スマホを使う時間が長かったり…肩がガチガチで頭も痛くなってきた!なんて経験は今や若者にまで広がっています!そこで、私が肩こり知らずの体になった方法をご紹介!

体をほぐして稼働範囲を広めておこう!

バレエの先生に聞いたところによると、体をほぐして稼働範囲を広めることで怪我をしにくい体をつくることができるようです!

これは日本人が馴染み深い武道にも言えること、合気道も体のつくりや体重移動を知り尽くしたものほど負けないと言われています。

また、殺陣の世界では準備運動として水になるという過程があります。人の体の割合で多くを占めるのが水分。つまり、変に力が入っていたり、歪んでいたりしなければ水のように滞りなく自然体でいれるはず!という考えのもと体をほぐしてから稽古を始めます。

つまり、体をいかにほぐすかがコリや歪み、怪我を防ぐ1つの方法なのです!

実践して効果があった姿勢はこれ!

アイソレーション

ダンスの動きの1つである「アイソレーション」これは首だけが動いているかのように錯覚する振り付けの1つ。イメージしやすいのはインド人?が両手を頭の上で合わせて首だけ動かす、あの動きです!

アイソレーションができるようになってから、肩周辺の筋肉がほぐれて稼働範囲が広がり、肩こりが辛いということがなくなったのです!

ダンス経験のない人がアイソレーションを実践しようとすると、「アイム ア パーフェクト ヒューマン」のようになります。

つまり、ただ首を倒すだけ…。しかしこれでは意味がありません!そこでダンス未経験者でもアイソレーションができるようになる方法を教えます。

ダンス未経験者でもできるようになるアイソレーション習得へのステップ

  1. 両腕を上にあげて耳の脇に持ってきましょう
  2. 上にあげた両腕は動かさず、右耳を右腕にタッチしましょう
  3. 次に左耳を左腕にタッチしましょう
  4. はじめは腕を動かして耳に当てないと触れられない!と思うかもしれませんが痛くない範囲で首ごと動かすように往復します
  5. 次に胸の前に掌を持ってきて「先帰るわ!」の位置におきます
  6. この時の指先に顎をタッチしましょう
  7. 肩を動かさず首からニュ!と前に出しましょう
  8. 次に今まで動かした範囲を一周します
  9. 右耳で右腕にタッチ・胸の前の指先・左耳で左腕をタッチ
  10. この3点を経由できるようになったらアイソレーションができていると言えるでしょう!

できるだけ姿勢正しく過ごし、筋肉をほぐしておくことでだいぶ肩こりが解消されます!また、アイソレーションを行うことで程よく筋肉もつき、筋力減退で頭を支えるのにすら疲れ肩が凝る…ということも防げるかもしれません!

肩こり解消グッズおすすめ3

ストレッチポール

こちらは肩周りだけでなく、背中から腰、足の筋肉までほぐすことができておすすめです!太腿が太いのが気になる…という方は前腿の筋肉を伸ばすと効果的ですよ!

トレーニングチューブ

筋肉をつけて、疲れやすい肩を鍛えましょう!

番外編 宮野真守絶賛指圧マッサージ

こちらは声優の宮野真守さんが絶賛していた指圧マッサージグッズ!

こちらの記事も



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です