レストランケイ・小林圭の赤ワインのリゾット、ピストゥの作り方【プロフェッショナルの流儀】

5月26日(火)放送の「プロフェッショナルの流儀」では特別企画!プロのおうちごはん第4弾ということで栗原はるみさんたちが紹介されていました!

小林圭さんの赤ワインのリゾット、ピストゥを添えての材料(2人前)

赤ワインのリゾット

  • お米 100g
  • 赤ワイン 90g
  • 玉ねぎ 20g
  • オリーブオイル 適量(ピュアオリーブオイル)
  • チキンブイヨン 適量(市販の固形ブイヨンでOK)
  • 塩 適量
  • コショウ 適量
  • パルメザンチーズ 適量(24か月)

赤ワインソース

  • 赤ワイン 200g
  • ハチミツ 15g

小林圭さんの赤ワインのリゾット、ピストゥを添えての作り方

  1. まず、赤ワインソースを作る。 鍋に赤ワインとハチミツを入れ、20分の1くらいになるまで10分~15分煮つめ、完成。
  2. ブイヨンを沸かしておく(市販の固形ブイヨンを使用してもOK)。
  3. タマネギをみじん切り。鍋にオリーブオイルを入れ、タマネギがしんなりするまで炒める。
    ポイント タマネギを入れてすぐ塩を入れると、甘みが増す。オリーブオイルは多めで。
  4. (3)にお米を入れ、すぐ塩をふる。中火で、お米を揚げるイメージで炒める。
  5. (4)に赤ワインを入れ、軽くかき混ぜながら煮つめる。
    ポイント 赤ワインは新しいもので、重厚なフルボディが良い。
  6. (5)に適宜、沸かしたブイヨンを加えながら12分~14分を目安に炊く。 ブイヨンを加える作業は、何度もくりかえす。
    ポイント 水分が少なくなると「パチパチ…」という音が鳴ってくる。ブイヨンを加える合図。
  7. (6)に(1)の赤ワインのソースとオリーブオイルを入れる。   パルメザンチーズと塩・コショウも。
  8. フライパンの温度を上げ、よく混ぜ合わせる。
  9. レモンをふりかけ、火を止める。ふたをして、30秒蒸らす。
  10. (9)にパルメザンチーズと(1)の赤ワインのソースをかけ、最後に生ハムをのせれば完成。
    ポイント 次に紹介する「ピストゥ」と合わせて食べると、2つの味を楽しめる。

マッシュルームのピストゥ(ジェノベーゼ)の材料

バジル    7g マッシュルーム   20g(生食可能な鮮度のいいもの 収穫から3日以内が目安) 松の実    10g パルメザンチーズ(24か月) 25g ニンニク    0.5g オリーブオイル       30g(エクストラバージン) レモン汁    1g カレー粉  少々 塩、コショウ    適量

マッシュルームのピストゥ(ジェノベーゼ)の作り方

  1. マッシュルーム・バジル・松の実をみじん切りにする
  2. ニンニクを潰してみじん切りにして(1)に加える。 ポイント ニンニクは匂いがつくので、最後に。
  3. (2)にパルメザンチーズ・塩・カレー粉・オリーブオイル・黒コショウを加える。最後にレモン。 ※ピストゥはトーストやパスタにも使えます。

店舗情報:Restaurant KEI

  • 住所:フランス5 rue Coq Héron 75001 Paris
  • 電話番号:(+33) 0142331474
  • 営業時間:火・水~土12:30~ 19:45~  木 19:45~
  • 定休日:日曜日・月曜日

こちらの記事も



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です