革靴 ヒール コツコツ

革靴のコツコツ音の防止法!足音を鳴らさずに歩く方法とは?

革靴やヒールのコツコツ音って場所によってはマナー違反になるんだとか。威圧的にも感じられるのでできれば鳴らさずに歩きたい。と言うことでその方法をまとめてみました。

革靴やヒールのコツコツ音の原因は?

革靴 コツコツ

コツコツ音の原因は靴に問題がある訳ではなく、「床の材質」がその音を目立たせている場合が多いかと思います。

革靴の底やヒールの素材は、堅いものの場合が多く、それがさらに堅い床に当たることで音が鳴ります。その音を軽減させるとするならば、床への着地をいかにソフトにするかに託されるかと!

革靴やヒールのコツコツ音を軽減させるには?

自分の足になるべくフィットした靴選びを!

自分の足にフィットした靴であれば、着地をソフトにすれば、コツコツ音を軽減させるのは簡単です。

これがもし、サイズが合っていないものを履いていると、靴の中で空間ができて、着地のコントロールが難しくなるでしょう。

ミュールバンドをつける


ミュールバンドで物理的に足と靴を固定してしまうのは結構有効です。

靴にあった色のミュールバンドであれば、つけていることが気になることもないので良いです◎さらに、靴がすっぽ抜けてしまう心配も少なくなるのでいいですね〜◎

うるさい足音を鳴らさずに歩く方法とは?

では歩き方ではどのように、コツコツ音を軽減させることができるでしょうか?

靴の一体どこの部分がコツコツ音を生み出しているのかを考えた時、「かかと」にたどり着きました。

歩き古した靴の多くを見てみると、かかとが大きく削れているものをよく見かけます。それくらい、かかとに力がかかっていることもわかります。

そのため、かかとは靴の部分の中でも、堅い素材でできていることが多いです。

と言うことで、なるべく「つま先から歩く」とコツコツ音を軽減させることができるでしょう。

さらに、つま先から歩くと、後傾姿勢で歩く時よりも、重心が前へ行くため、体が倒れる力を使って歩くことができます。すると、ヒールの日のふくらはぎの疲れを若干軽減することができるかもしれませんよ〜

革靴のコツコツ音の防止法!足音を鳴らさずに歩く方法とは?【まとめ】

と言うことで、

  • 自分の足になるべくフィットした靴選びを!
  • ミュールバンドをつける
  • つま先から歩く

取り急ぎこの3点に気をつけて、優しく踏み出すようにしましょう!

こんな記事も



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です