【プロフェッショナル3弾】茶師・前田文男のおいしいお茶のいれ方

5月19日(火)放送の「プロフェッショ仕事の流儀」では緊急企画「おうちごはん」第3弾。自宅で過ごす時間を楽しくするために『食』を究めたプロが結集し、簡単・絶品レシピが紹介されていました!

茶師・前田文男さん 「自宅でいれるおいしいお茶」のいれ方

  1. お湯をわかす。湯冷まし(コーヒーカップなどでも可)に注ぐ。これにより約10度下がる。
  2. 1を湯飲みにあけかえる。これにより、さらに約10度下がり、適温の約70度~80度になる。
  3. 急須に茶葉を入れる。一人分の目安は2g。
  4. 湯飲みのお湯を急須に入れ、1分弱蒸らす。
  5. 湯飲みにお茶を少しずつ注ぐ。二杯入れるときは交互に入れる(A→B→B→A→A→Bの順)。

    雑味が出てしまうので急須を振ったりしない。最後の一滴まで注ぎきることで、おいしい成分を残さず、また二煎目もおいしくいれられる。

こちらの記事も



おすすめの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です